学校概要

 

私たちの使命

SOENは、地域の交通安全教育センターの役割を担う指定校として「生涯無事故ドライバーの育成」を使命としています。安全運転の基本、ルールやマナー等をしっかり教習することはもとより、"快適な環境づくり"が優良ドライバーの育成に大切と思い、最新教習機器の導入等充実を図っています。また路上教習では、交通量も多く走行車線やいろいろな交通標識のある札幌の中心街を走行する為、免許取得後の大きな自信と適切な運転技術が自然と身に付きます。SOENの卒業生の事故率が少ないのは、そうした理由があります。

桑園自動車学校の主な設備

車両

四輪教習車:77台

  • AT車50台(内ハイブリット車47台、EV車2台)
  • MT車25台
  • 準中型車2台

自動二輪教習車:30台

  • 大型(MT8台・AT2台)
  • 普通(MT10台・AT3台)
  • 小型(MT2台・AT2台)
  • 原付(3台)

送迎バス:8台

設備

  • 普通自動車運転シミュレーター 2台
  • 自動二輪運転シミュレーター 1台
  • 学科自動車効果測定機 30台
  • 高齢者適正検査機 6台
  • 模擬運転装置 5台

沿革

昭和55年4月 自動車教習所開業
昭和56年3月 北海道公安委員会指定
昭和60年6月 自動二輪教習開始
平成2年9月 北海道公安委員会指定講習機関の指定
平成10年10月 道路交通法改正に伴う高齢者講習開始
平成14年11月 新校舎での営業開始
平成15年11月 大型自動二輪免許の指定取得
平成17年2月 普通第二種免許の指定取得
平成30年3月 準中型免許の指定取得